LED水中ライト
 
   全周、360°を照明するタイプです。
   AC100Vを使用するものと、DC24Vを
   使用するものが有ります。


   SDL-450P

  SDL-450Pの主な特長

   直径53mmの水中ライトです。
  白色LED3個を1枚の基板に取り付け、それを
  8枚円周方向に取り付けています。
  AC100V入力の調光器電源、SDB−501を
  使用する方法と、DC24Vのバッテリー等
  の電源を用いる方法が有ります。
  DC24Vの場合はバッテリーに繋ぐだけで点灯します。

       SDL-450P

     

   
     

  灯体の主な材質は耐蝕アルミ合金製と
  ステンレス合金製の2種類が有ります。



   SDL-450P点灯状態の動画

   WMV再生


   MP4再生








     SDL-450PA

     SDL-450PAの主な特長

   直径128mmの水中ライトです。
  カラーLED3個を1枚の基板に取り付け、それを
  16枚円周方向に取り付けています。
  各基板の色調、出力は、PC(パソコン)から
  RS485によって各基板ごとにコントロールされます。
   (PCは、各種コマンド、アドレス、パラメーターを送ります。) 
  又、SDL-450PAのケーブルは水中コネクタで接続されます。
  これにより、1本のケーブルで31台までの水中機器
  が自由にレイアウト出来ます。
  灯体の主な材質は耐蝕アルミ合金製と
  ステンレス合金製の2種類が有ります。



     SDL-450PA
     

    



      RS485システム

    1台のパソコンで合計31台までの水中機器を
    コントロール出来ます。
    更に分配器を使用して台数を増やせます。

    



       LANシステム

    1台のパソコンで複数台の水中機器をコントロール出来ます。


    






     柴崎電子株式会社のTOPへ